ホーム>業務日誌&コラム>業務日誌&コラム

業務日誌&コラム

平成30年4月の税務

今年東京では、桜の時期良い天気の日が多く、お花見を楽しむことができました。4月の税務をご案内します。

平成30年4月の税務

 

4/10

●3月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

 

4/16

●給与支払報告に係る給与所得者異動届出(市町村長へ)

 

5/1

●公共法人等の道府県民税及び市町村民税均等割の申告

●2月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>

●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>

●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>

●8月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)

●消費税の年税額が400万円超の5月、8月、11月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>

●消費税の年税額が4,800万円超の1月、2月決算法人を除く法人の1月ごとの中間申告(12月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

 

○軽自動車税の納付

○固定資産税(都市計画税)の第1期分の納付

○固定資産課税台帳の縦覧期間(4月1日から20日又は最初の固定資産税の納期限のいずれか遅い日以後の日までの期間)

○固定資産課税台帳への登録価格の審査の申出の期間(市町村が固定資産の価格を登録したことを公示した日から納税通知書の交付を受けた日後3月を経過する日までの期間等)

振替納税のご案内

平成29年分の確定申告の業務が終わりました。振替納税を利用されている方の納期限は、所得税が4月20日金曜日、消費税が4月25日水曜日です。当日銀行口座に残高がないと、本来の納期限(所得税は3月15日、消費税は4月2日)に遡って滞納にされてしまいます。延滞税が発生することもありますのでご注意下さい。

平成30年3月の税務

確定申告も終盤に入りました。3月の税務をご案内します。

平成30年3月の税務

 

3/12

●2月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

 

3/15

●前年分所得税の確定申告

●所得税確定損失申告書の提出

●前年分所得税の総収入金額報告書の提出

●確定申告税額の延納の届出書の提出

●個人の青色申告の承認申請

●前年分贈与税の申告

●国外財産調書の提出

●個人の道府県民税・市町村民税・事業税(事業所税)の申告

 

4/2

●個人事業者の前年分の消費税・地方消費税の確定申告

●1月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>

●1月、4月、7月、10月決算法人及び個人事業者(前年12月分)の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>

●法人・個人事業者(前年12月分及び当年1月分)の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>

●7月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)

●消費税の年税額が400万円超の4月、7月、10月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>

●消費税の年税額が4,800万円超の12月、1月決算法人を除く法人の1月ごとの中間申告(11月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

平成30年2月の税務

インフルエンザが猛威をふるっていて、A型もB型も流行っているようです。十分にお気をつけいただきたいと思います。2月の税務をご案内します。

平成30年2月の税務

 

2/13

●1月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

 

2/28

●前年12月決算法人及び決算期の定めのない人格なき社団等の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>

●3月、6月、9月、12月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>

●法人の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>

●6月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)

●消費税の年税額が400万円超の3月、6月、9月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>

●消費税の年税額が4,800万円超の11月、12月決算法人を除く法人の1月ごとの中間申告(10月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

 

○前年分所得税の確定申告(2月16日から3月15日まで)

○前年分贈与税の申告(2月1日から3月15日まで)

○固定資産税(都市計画税)の第4期分の納付

税務署の確定申告作成会場

弊所の地元の東村山税務署では、確定申告時期に申告書作成のための特設会場を設けますが、今年の開設は2月16日(金)からだそうです。一時期は年明け早々とか、2月1日から開設されていましたが、諸般の事情があるようです。期間が短い分だけ混雑が激しくなるでしょうから、利用される方は早めにお出かけいただいた方が良さそうです。

平成30年1月の税務

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。早速1月の税務をご案内します。

平成30年1月の税務

1/10
●前年12月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

1/31
●支払調書の提出
●源泉徴収票の交付
●固定資産税の償却資産に関する申告
●前年11月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●5月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
●消費税の年税額が400万円超の2月、5月、8月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>
●消費税の年税額が4,800万円超の10月、11月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(9月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>
●給与支払報告書の提出

○給与所得者の扶養控除等申告書の提出
○個人の道府県民税及び市町村民税の納付(第4期分)

 

年末年始の執務予定

早いもので、もう年末を迎えようとしています。このところの寒さは厳しく、インフルエンザも流行っているようです。皆様も健康に留意され、お元気で年末年始を過ごしていただきたいと思います。

弊所は年末、12月28日(木)まで通常業務を行い、年始は5日(金)から業務を開始します。

休業中はご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

平成29年12月の税務

いよいよインフルエンザが流行り始めたようです。今年はワクチンが不足してるようなので心配です。皆様にも十分気をつけて頂きたいと思います。12月の税務をご案内します。

平成29年12月の税務

12/11
●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収額(当年6月~11月分)の納付

1/4
●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●4月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
●消費税の年税額が400万円超の1月、4月、7月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>
●消費税の年税額が4,800万円超の9月、10月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(8月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

○給与所得の年末調整
○給与所得者の保険料控除申告書・住宅借入金等特別控除申告書の提出
○固定資産税(都市計画税)の第3期分の納付

平成29年11月の税務

東京にも、やっと秋らしい青空が戻ってきました。11月の税務をご案内します。

平成2911月の税務

11/10
10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

11/15
●所得税の予定納税額の減額申請

11/30
●所得税の予定納税額の納付(2期分)
●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付
9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
3月、6月、9月、 12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
3月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
●消費税の年税額が400万円超の3月、6月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>
●消費税の年税額が 4,800万円超の 8月、 9月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(7月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

○個人事業税の納付(2期分)

10月のご案内

大分秋も深まってきました。10月も下旬になると、税務署から事業主様の所へ、年末調整関係の書類が届きます。納付書や年末調整の手引きなどが封入されていますので、内容をご確認下さい。

また、今月天引きする社会保険料のうち、厚生年金保険料が値上げになっています。新しい等級の適用とあわせて、給与計算にお間違えがないかご確認下さい。