ホーム>業務日誌&コラム>業務日誌&コラム

業務日誌&コラム

平成29年10月の税務

衆議院が解散しました。中小企業者様の負担を考えると、消費税増税・軽減税率導入は止めて欲しいものですが、有権者の皆さんの判断はどうでしょうか。10月の税務をご案内します。

平成29年10月の税務

10/10
●9月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

10/16
●特別農業所得者への予定納税基準額等の通知

10/31
●8月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●2月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
●消費税の年税額が400万円超の2月、5月、11月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>
●消費税の年税額が4,800万円超の7月、8月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(6月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

○個人の道府県民税及び市町村民税の納付(第3期分)
 

平成29年9月の税務

サッカー日本代表のw杯出場が決まりました。苦しい戦いを勝ち抜いたチームの皆さんに敬意を表します。9月の税務をご案内します。

平成29年9月の税務

 

9/11

●8月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

 

10/2

●7月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>

●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>

●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>

●1月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)

●消費税の年税額が400万円超の1月、4月、10月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>

●消費税の年税額が4,800万円超の6月、7月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(5月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

夏季休業のお知らせ

弊所は8月14日(月)と8月15日(火)に夏休みをいただきます。(8月11日(金祝)~13日(日)は通常の休日となります。)
休み中はスタッフが不在となり、メールのお返事等も遅くなることが予想されます。
ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

平成29年8月の税務

東京では曇りや雨が続いて、梅雨に逆戻りしたような感じになってしまいました。多少暑くても、すっきりした青空が見たいものです。8月の税務をご案内します。

平成29年8月の税務

 

8/10

●7月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

 

8/31

●6月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>

●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>

●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>

●12月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)

●消費税の年税額が400万円超の3月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>

●消費税の年税額が4,800万円超の5月、6月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(4月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

●個人事業者の当年分の消費税・地方消費税の中間申告

 

○個人事業税の納付(第1期分)

○個人の道府県民税及び市町村民税の納付(第2期分)

源泉所得税の納付

今月の10日に、納期の特例の適用を受けている事業主様の、源泉所得税の納付がありました。これは、給与などから天引きしている源泉所得税を、本人に代わって給与支払者が納める手続です。納付額の計算にあたっては、社会保険料や源泉所得税の金額をチェックする必要がありますが、今年4月の社会保険料の変更を、反映し損ねているケースが見受けられました。今度は10月天引き分から、厚生年金保険料が値上げになります。給与計算にあたって、事業主様にはご注意頂きたいと思います。

平成29年7月の税務

九州では、豪雨で大きな被害が出てしまったようで、謹んでお見舞いを申し上げます。

7月の税務をご案内します。

平成29年7月の税務
 

7/10
●6月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

7/18
●所得税の予定納税額の減額申請

7/31
●所得税の予定納税額の納付(第1期分)
●5月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●11月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
●消費税の年税額が400万円超の2月、8月、11月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>
●消費税の年税額が4,800万円超の4月、5月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(3月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

○固定資産税(都市計画税)の第2期分の納付

 

住民税の特別徴収

事業主が給与を支払う際、その方の住民税を天引きし、本人に代わって市区町村に納める仕組みを、「住民税の特別徴収」と言います。

これは前年の分の住民税を、6月分の給与から一年かけて天引きして行きますから、6月から天引きする金額が変わることが多いです。給与計算をする際は、各市区町村から送られて来た、住民税の通知を注意してご確認下さい。

平成29年6月の税務

暑い日が続いていますが、東京も間もなく梅雨入りしそうです。6月の税務をご案内します。

6/12
●5月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収額(前年12月~当年5月分)の納付

6/15
●所得税の予定納税額の通知

6/30
●4月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●10月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
●消費税の年税額が400万円超の1月、7月、10月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>
●消費税の年税額が4,800万円超の3月、4月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(2月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

○個人の道府県民税及び市町村民税の納付(第1期分)

 

労働保険の年度更新

労働保険(労災保険と失業保険の総称です。)に加入されている方には、そろそろ労働保険の年度更新のための書類が送られてきます。緑色のA4サイズの封筒で目立つので、すぐに分かると思います。これは、過去1年分の労働保険料を精算し、この先1年分の労働保険料を見込みで納める手続です。期限は6月1日から7月10日までですので、お早めに手続をお願いします。

平成29年5月の税務

連休は良い天気が続いて、府中のくらやみ祭りも盛り上がりました。5月の税務をご案内します。

5/10

●4月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

 

5/15

●特別農業所得者の承認申請

 

5/31

●個人の道府県民税及び市町村民税の特別徴収税額の通知

●3月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・ (法人事業所税 )・法人住民税>

●3月、6月、9月、 12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>

●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>

●9月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)

●消費税の年税額が400万円超の6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>

●消費税の年税額が4,800万円超の2月、3月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告 (1月決算法人は 2ヶ月分、個人事業者は3ヶ月分)<消費税・地方消費税>

●確定申告税額の延納届出に係る延納税額の納付

 

○自動車税の納付

○鉱区税の納付