ホーム>業務日誌&コラム>2010年11月

2010年11月

地方税の電子申告について

地方税版の電子申告のことを、eLTAX(エルタックス)と言います。まだ日本全国の市町村で使える訳ではないのですが、徐々に使える所が増えてきています。役所に申告に出かける手間が省けるという点では、むしろe-Taxより重宝するかもしれません。

が、このeLTAX、システムメンテナンスの都合で、今月18日から25日までサービスが停止してしまっていて、申告業務ができません。「9月決算のお客さんの申告が集中する時期に、何を考えているんだ〜!」と当事務所の職員も嘆いています。

都税事務所の職員の説明によると、関係各所とのシステム連携の都合で、どうしてもこの日程以外にできなかったとのこと。しかし、eLTAXは土日稼働しないので、今月の申告は26,29,30日の3日間で行わないといけません。アクセスが集中して、システムがダウンしたりしないと良いのですが・・・。明日が少し心配です。

 

e-Tax(電子申告)について

当事務所は、もちろんe-Taxに対応しております。税務署が普及に一生懸命になっており、税理士会も協力しているこのe-Tax、どんなメリットがあるのでしょうか。

①役所に申告に行く手間が省ける。

②納税者本人が電子署名して申告した場合、1回だけ5,000円の控除が受けられる。

③還付金が比較的早くかえってくる。

④添付書類の提出を省略できる。

すごいメリットがあるじゃないか!是非やろう!というほどでもないですね・・・。

②の税額控除がもう少し使いやすければ良いのですが、国の財政も火の車ですから、そういう訳にも行かないようです。

でも、e-Taxをやることによって税務署の業務が効率よく行われれば、私達の納めた税金も有効に使われる訳ですから、当事務所もなるべくe-Taxをお勧めしております。ご希望があれば、もちろん紙の申告も行っておりますので、ご相談ください。

11月の業務

11月は、9月決算法人の申告月です。当事務所の場合、3月決算のお客様に次いで9月決算のお客様が多いので、例年この時期は残業や休日出勤が多くなります。最後のお客様の申告を終えてほっとすると、世間は紅葉も終わって12月、というのが恒例になっています。

12月といえば年末調整ですね。この時期に保険会社や銀行等から証明書が送られてきます。大切なものですから、なくさないようにして下さいね。

 

ホームページリニューアルしました。

4年前、うちでも試しに、とホームページを作ってみました。
ごあいさつ程度の簡単なものでしたが、そのホームページを通じて、かけがえのない多くのお客様と知り合うことができました。
今回ホームページをリニューアルし、当事務所の特長や業務方針を分かりやすくご説明することで、
より多くのお客様に、当事務所の親身で前向きなサービスを活用していただきたいと考えております。
どうぞよろしくお願い致します。