ホーム>業務日誌&コラム>2014年12月

2014年12月

自動車税という資産の税金に関して

自動車税という税金は、車を購入した時に一年ごとにかかる税金のことです。
基本的に自動車の種類に関わらず、税法に沿って自動車を所有している人の全員にかかる税金のことです。
自動車税は原則的に毎年一回納めることになっていて、自動車税の納付書が市役所から送られてくることになります。
税金の額に関して、基本的に一番安いのは原動機付きの自転車では千円程度です。
基本的に自動車に設定されている排気量が多くなれば税金が多く課せられることになります。
バイクの中でも、排気量が多くなればなるほど税金が高くなります。
軽自動車と普通乗用車では税金が異なって、当然ながら軽自動車の方が自動車税は安くなっていますが、最近軽自動車の税金が値上げされて話題になりました。
自動車税も国家の財政運営に役立つツールとして役に立っています。
住民税と同じで、必ず明細書に書かれている所定の期日までに支払いを済ませておかなければなりません。

平成26年12月の税務

本格的な寒波が来て、インフルエンザも流行り始めたようです。健康管理にはお気をつけ下さい。12月の税務をご案内します。

12/10

●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収額(当年6月~11月分)の納付

 

1/5

●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>

●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>

●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>

●4月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)

●消費税の年税額が400万円超の1月、4月、7月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>

●消費税の年税額が4,800万円超の9月、10月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(8月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

 

--------------------------------------

○給与所得の年末調整

○給与所得者の保険料控除申告書・住宅取得控除申告書の提出

○固定資産税(都市計画税)の第3期分の納付