ホーム>代表挨拶

代表挨拶

プロフィール

八木 隆昌

税理士・ファイナンシャルプランナー

八木 隆昌 やぎたかよし

  • 出身地:東京都
  • 趣味:旅行、野球、スキー、食べ歩き
略歴
  • 平成元年 : 慶應義塾大学法学部法律学科 卒業 富士通(株)本社営業勤務
  • 平成3年 : 八木幹雄税理士事務所入所 職員として実務に従事
  • 平成12年 : 第50回税理士試験合格
  • 平成13年 : 八木隆昌税理士事務所 開業
  • 平成15年 : AFP取得

代表紹介

こうして税理士になりました。

「人とモノ」に関わる仕事がしたかったため、大手電機メーカー富士通に営業職として就職。
運良く丸の内の本社(当時)に配属され、「日本経済の最前線」を肌で感じながら、忙しくも充実したサラリーマン生活を送っていたが、「組織の歯車」と「会社の看板で仕事をする」という言葉の意味も解るようになる。

そうした体験もあって、自分自身の能力と人柄を経営者様に直接評価していただける、税理士の仕事への興味が高まり、お世話になった富士通を退社して税理士事務所に就職。
職員として実務の経験を積み重ねながら、夜間休日大原簿記学校などに通って勉強し、少しずつ国家試験の合格科目を増やして、平成12年に最終合格。

学生時代から勉強していた税理士さんや、大学院卒の税理士さんに比べると、少々遠回りをしてしまった感もあるが、色々と苦労されている経営者様のパートナーとなるためには、有意義な経験をしてきたと考えている。

税理士の貢献の仕方によっては、会社や経営者様の将来が大きく変わってしまうことを念頭に置き、常に先を考えた税理士であることを心がけている。

生い立ちから現在まで

栃木県足利市で生まれる。母方の実家があって頻繁に訪れていたため、今でも栃木県に対する愛着が深い。

幼稚園に入る前は、父の仕事の都合で大阪府池田市に在住。幼かったので鮮明な記憶は少ないが、大阪の活気のある雰囲気と、大阪万博だけは印象に残っている。

その後は現在の事務所がある小平で育ち、結婚を機に府中市に転居。閑静な住宅街が多い小平市と、お祭り好きで賑やかな府中市、それぞれ長所をもつ街を拠点に、充実した毎日を送っている。

家族と同居人

昭和41年生まれの丙午(ひのえうま)。
妻と長男の三人家族で、長男は22年1月生まれ。
「自分が還暦を迎えても、この子はまだ高校生かぁ。」などと焦りつつ、仕事と育児と家事の両立に奮闘中。
家族の他に、近所の田んぼで捕ってきた、どじょうやザリガニなどが同居している。

お休みの過ごし方

大学以来スキーをやっていて、たまに志賀高原やニセコに遠征するほか、友人達と白馬の宿を借り切って、合宿気分のイベントなどを行っている。
税理士会の野球部にも所属し、月に2,3回仲間と汗を流しているものの、このところの大会の結果は芳しくない。
温泉が大好きだが、長男誕生以後は旅行もままならないので、小平・府中近辺の日帰り温泉廻りをしている。