ホーム>業務日誌&コラム>2011年10月

2011年10月

書き損じた領収書

 長い間同じ業界で仕事をしていると、その業界では常識だと思われていることが、一般の方の感覚とずれていて驚くことがあります。税理士の仕事でも、そうしたことが時々ありますので、紹介してみたいと思います。

 業者さんが営業して商品を販売すると、領収書を発行します。その際よく使われるのが、カーボン複写で控を同時に書けるタイプです。では、その領収書を書き損じてしまった場合、一般の方はどうするでしょうか。私のお客様からよく聞かれる対応が、「カッコ悪いから切り取って捨てちゃいました。」というものです。

 領収書の控は売上の証拠を残すために作成します。これを切り取って捨ててしまうと、税務署の職員が切り取った跡に注目し、「この分の領収書の売上を隠しているのではないか。」と疑われてしまうのです。ですから、書き損じた領収書には、「書き損じ」と大きく書いて、そのまま残しておくのが正しい対応です。税務の世界では常識なのですが、お客様にこうしたご説明をすると、「なるほど、そんな影響があるんですねぇ。」と感心される場合が殆どです。こうしたことがあると、常にお客様の視点に立って業務を行わないといけないな、と改めて感じます。

関与先各位様へご案内

税務署から、年末調整関係の書類が郵送されてきております。肌色のA4サイズの封筒で、緑色の縁取りがしてあります。後日弊所でお預かりしますので、ご案内があるまで保管しておいて下さるようお願い致します。

控除証明書

 この時期になると、保険に加入している方には、保険会社から「保険料控除証明書」が郵送されてきます。これは、年末調整や確定申告の時、生命保険料控除や地震保険料控除を受けるために必要なもので、これらの控除を受けることによって税金が安くなります。(場合によっては影響のない方もいます。)控除証明書の様式は保険会社によって様々で、封筒で送られてくることもあれば、葉書で送られてくることもあります。「何だ、保険会社からの面倒な書類か。」と、うっかり捨ててしまわないよう、この時期郵便物には注意しておくと良いと思います。因みに「自動車保険は控除の対象になりますか。」というご質問をたまにいただきますが、自動車保険単独では、残念ながら保険料控除の対象にはなりません。

珍客?

NEC_1300.jpg

 先日、仕事を終えて帰宅したら、通路の壁の上にこんなものがくっついていました。暗くてよく見えなかったので、最初はかぶと虫のメスかと思いましたが、何だか全体が毛に覆われています。よじ登って近寄ってみたところ、小さな手足と耳が確認できました。こうもりが丸くなって眠っていたのです。私の自宅は府中の街中ですが、こんな動物も住んでいるんだなぁ、と微笑ましく思いました。翌朝出勤しようとしたところ、こうもり君はまだ同じ所で眠っています。こうもりは夜に活動するはずなのに、随分と呑気者だと思いながら写真を撮りました。小さくて分かりにくいですが、頭が下で写っています。無事に冬を越せるよう、秋の間に栄養を蓄えて欲しいですね。

10月の税務

10月に入って、すっかり秋らしくなりました。朝晩はかなり冷え込みますので、体調を崩さないようお気をつけ下さい。10月の税務をご案内します。

10月11日
●9月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

10月17日
●特別農業所得者への予定納税基準額等の通知

10月31日
●8月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●2月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
●消費税の年税額が400万円超の2月、5月、11月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>
●消費税の年税額が4,800万円超の7月、8月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(6月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

-----------------------------------------------
○個人の道府県民税及び市町村民税の納付(第3期分)