ホーム>業務日誌&コラム>2014年6月

2014年6月

国家予算と税金の関係

毎年において日本の国家予算の半分ほどが国民からの税収として、国が運用しています。
国が運用する税金は、国民が収入を得た分の一部としての税金や商品やサービスを受ける際に含まれる税金で成り立っています。
国は毎年において国家予算を決めるが、予定している予算の使い道に関して収支を決める際に税収分で足りない場合は、国債を発行して国家予算を賄っています。
国債とは予算が足りない分のお金としての借金であるが、最近の30年間において税収分だけでは予算が成り立たないので、国債を発行しています。
いわゆる国民の税金は国家の運営に欠かせないお金であって、税収が多ければ国債を発行しなくて済みます。
最近の税収の動向として、景気の回復によって徐々に増加傾向ではあるが、社会保障費などの支出が増大しているので、消費税で何とか国家財政を建て直そうとするのが国の考えです。
最近では消費税が上がりましたが、現在で税収が少ない中で消費税で国家を運営していくためには20パーセントの消費税が必要と言われています。こうした負担を国民に求めるためには、まず政治と行政の無駄を徹底的になくさなくてはならないと思います。

6月の税務

ここ数日暑い日が続きましたが、そろそろ関東も梅雨入りしそうな気配です。6月の税務をご案内します。

平成26年6月の税務

6/10
●5月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収額(前年12月~当年5月分)の納付

6/16
●所得税の予定納税額の通知

6/30
●4月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●10月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
●消費税の年税額が400万円超の1月、7月、10月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>
●消費税の年税額が4,800万円超の3月、4月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(2月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

--------------------------------------
○個人の道府県民税及び市町村民税の納付(第1期分)