ホーム>業務日誌&コラム>2010年12月

2010年12月

今年もお世話になりました。

12月になると、年末のごあいさつと年末調整等のご案内で、ほとんど全てのお客様とお会いします。25日を過ぎて終盤ですが、やはり、「今年は厳しかったですねぇ」といったご感想が大部分でした。夏頃は少し景気が良くなる兆しがあったのですが、例の円高・株安で振り出しに戻ってしまったような感じです。しかし、業績が悪いなら悪いで、公私ともにやっておくべき事は色々とあります。常に先を考えながら、新しい年を迎えたいと思っております。

関与先のお客様方には、今年一年大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願い致します。

当事務所のHPを訪れて下さいました皆様も、どうもありがとうございました。来年はもっとブログを充実させたいと思いますので、よろしくお願い致します。

それでは、お元気で良い年をお迎え下さい。

 

年末年始の業務予定

年末年始の業務の予定は、以下のようになっております。

12月28日まで通常業務

12月29日は事務所の大掃除をしております。

12月30日〜1月4日お正月休みをいただきます。

1月5日から通常業務に戻ります。

お正月休みの間は、メールのチェック頻度も下がります。ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。

税務調査

先日、お客様の初めての税務調査に立ち会いました。税務署に求められた資料を提出し、連絡を待っていたところ、「一箇所小さな手続漏れがありましたが、その他は適正に処理されていました。これで税務調査は終了します。」と電話がありました。

社長さんも奥さんも、知り合いの方から、「税務署が来たらうんと税金持って行かれるぞ。」と脅かされて(?)いただけに、大変喜んでおられました。数年前会社を立ち上げられた時は、お二人とも経営や経理の初心者で、事務処理も大変そうでしたが、私が、これだけはやっておいて下さい、とお願いしたことだけはやって下さっていたので、問題なく税務調査を乗り切れたようです。感謝感謝。

全てのことを完璧にやっておかなくても、税務署が注目する「ツボ」を押さえておけば、最小限の労力で適正な経理をすることができるのです。これからも、お客様の視点に立ったサポートをして行きたいと思っています。

12月になりました。

前回の業務日誌で心配していたeLTAXは、大きな問題なく申告ができました。使い勝手も少し良くなっていたので、一安心しています。

さて、12月に入って、今年も年末調整の季節です。サラリーマンの方の1年分の所得と税額を確定する作業ですが、税法は毎年変更があるので気が抜けません。ただ、今年は認定長期優良住宅の新築等をした場合の住宅ローン減税の特例が設けられたくらいなので、ほとんどの方は変わりなく年末調整をすることになります。

問題は年末調整の際に提出する扶養控除申告書で、来年から扶養控除の大幅な見直し(要するに増税)が行われるので、記入方法が大分変わっています。16歳未満のお子さんをおもちの方は、一番下の欄に記入することになりますので注意して下さい。