ホーム>業務日誌&コラム>2013年1月

2013年1月

公的年金の源泉徴収票のご案内

年金を受け取られている方々に、「公的年金の源泉徴収票(平成24年分)」が郵送されています。この1週間くらいの間にお手元に届いているようなので、確認して大切に保存しておいて下さい。確定申告をする際に必要になります。(年金の収入が400万円以下で、年金以外の所得が20万円以下の場合は、確定申告をしなくて良い制度も設けられましたが、申告しない方が得なのか、申告する方が得なのかは、計算してみないと分かりません。)

 

この年金の源泉徴収票、今年は少し様子が変わって小豆色の文字で印刷してあります。二つ折りの葉書で目立ちにくいですから、新聞の間などに挟まったりしないようご注意下さい。

 

1月の税務

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

1月は色々な書類を提出しなければならず、慌ただしい月です。早速1月の業務をご案内します。

1/10
●前年12月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付(年2回納付の特例適用者は前年7月から12月までの徴収分を1月21日までに納付)

1/31
●前年11月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
●源泉徴収票の交付
●支払調書の提出
●固定資産税の償却資産に関する申告
●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●5月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●消費税の年税額が400万円超の2月、5月、8月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>
●消費税の年税額が4,800万円超の10月、11月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(9月決算法人は2ヶ月分) <消費税・地方消費税>
●給与支払報告書の提出

-----------------------------------------------
○個人の道府県民税・市町村民税の納付(第4期分)
○給与所得者の扶養控除等申告書の提出